2014年07月10日

磯子区大会(1日目) 結果報告(2014/07/06) 

【大会】磯子区大会LL-A-2ブロック(予選リーグ1日目)

【日時】2014 76

【場所】杉田臨海緑地公園


【戦績】通算:2戦 1分1敗

  予選リーグ 1日目戦績 1分1敗

 @山王谷 2-3 磯子フレンズA (得点:サワト、リョウタ)

 A山王谷 0-0 FCねぎし

 

Man Of The Match

 リョウタ(得意のドリブルで仕掛け得点及び好機を演出したプレーを評価。)

 ケン(GKとして勇気のある飛び出しと体をはってのファインセーブを評価。)


【コメント】

 

第一戦 VS 磯子フレンズ-A

■前半立ち上がり、サワトがセンターサークル付近で相手パスをカット、ドリブルで運び落ち着いて

 流し込むようにシュートを決め先制。

 しかしながら、球際の弱さや足先だけの守備、密集地域への強引なドリブルなど「止める、運ぶ」

  がスムーズに行えない時間が続き、追加点がが奪えない中、前半終了間際、リョウタが得意の

 ドリブルで抜け出しシュートを決め、2-0で折り返す。

  

■後半2分、相手GKパントキックのボールがDFの裏に抜け失点を許すと、同4分コーナーキックからの  

 ゴール前混戦を押し込まれ、7分、中盤でパスをカットされるとそのままドリブルで抜け出され立て続

 けの失点、まさに魔の2点差リード、相手の勢い・流れを止められず、個々並びにチ-ムとしても後手の

 プレ-となり逆転されてしまった。

  

第二戦 VS FCねぎし

■第一戦での反省点(球際の弱さ、密集へのドリブル等)と高い位置からの積極的なプレスと集中力を

 もってプレーをした山王谷、リョウタが左サイドをドリブルで抜け出しゴール前へセンタリング、

 コウイチロウのシュートは枠を外れるも形を作っての攻撃。

 守備においてもGKのケンが勇気のある飛び出しと体をはった好セーブでピンチを防ぐ。


■後半も集中したプレーを続け、リョウタのドリブルでの抜けだし、それをフォローしたソウタのシュート

 は惜しくもGK正面であったが連続攻撃もあり得点の可能性を感じる、次につながるプレーができたが

 0−0の引き分けとなった。

  


【保護者の皆様】

 暑い中、選手への熱い応援有難うございます。

 第一試合の逆転負けを引きづらず集中したプレーが出来た第二試合のように

 一歩づつチームとして成長しています。

 今後とも応援の方宜しくお願い致します。 


 

【FC杉田 関係者様】

 大会運営、誠に有難うございます。

 大会2日目も宜しくお願い致します。


K.S

posted by LL管理者 at 14:06| Comment(0) | 試合情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。